婚約指輪はいつ渡す?エンゲージリングとの違いは?

way to marriage

婚約指輪はいつ渡す?エンゲージリングとの違いは?

婚約指輪はいつ渡す?エンゲージリングとの違いは? テレビドラマや映画でよく見るプロポーズのシーンでは、男性が女性に指輪を渡しながら結婚を申し込む姿が見受けられます。
その指輪にはダイヤモンドなどの宝石が付いているものが多く、この指輪がいわゆる婚約指輪と言われる物になります。
本来婚約指輪は、婚約が成立したカップルが結納を行う際に男性から女性へ贈られる指輪になります。
既に結婚の了承を見越してプロポーズの際にサプライズで贈られる場合も多く、結婚指輪と比べると、大きな宝石が付いている豪華な指輪であるケースがほとんどです。
エンゲージリングとは、正式にはエンゲイジメントリングといいます。
英訳するとengagement ringとなり、約束の指輪、婚約の指輪という意味になり、婚約指輪と同じ意味で使われています。
夫婦が結婚の証としてお揃いの指輪をつける結婚指輪はマリッジリングとして結婚式などで指輪の交換が行われて夫婦共に日常的に左の薬指にはめられる指輪になります。

婚約指輪として選ばれている指輪の特徴

婚約指輪は数多くの商品があり、デザインや品質、値段にも大きな違いがあるので悩むのは当然のことです。
選ばれているものの特徴として、素材は主にプラチナやゴールドといった希少性の高い貴金属が主流となっています。
その中でも総合的にバランスが良いということで、変色や変質の心配がないということからプラチナが選ばれています。
それまけではなく元々白い貴金属である事からダイヤモンドの無垢な輝きを最大限に引き出してくれるというのもプラチナが多く選ばれている理由となっています。
手や指の形にも人それぞれ違いがあるためデザインにも相性があり、それぞれ身に着けた時の印象が変わってきます。
着け心地や好みに合うデザインを選ぶことも大切です。
しかし婚約指輪ということもあり、毎日身につけないという人が多いので、付け心地というよりはデザインが気に入ったもので特別感のあるものが選ばれている傾向にあるということも頭に置いておきましょう。