ブランド別おすすめランキング

way to marriage

婚約指輪の失敗しない探し方は、来店予約をして実物を見て決める

婚約指輪の失敗しない探し方は、来店予約をして実物を見て決める 結婚準備の中で女性が一番決めるのに苦労するのが、婚約指輪です。
婚約指輪は、男性から女性への愛の証であるため、通常のファッションリングとは違い、気軽に購入するのが難しいです。
一生の記念になる指輪のため、なかなか決めることができず、宝石店を何店も巡るカップルもいます。
一般的に婚約指輪は、ダイヤモンドのような宝石がセッティングされた華やかな指輪が選ばれます。
婚約指輪に使われるダイヤモンドは、透明感や輝きが美しい品質のよいものが選ばれています。そのため、金額が高くなる傾向があります。
ダイヤモンドの大きさや品質にもよりますが、だいたい30万から70万ぐらいが購入金額の相場になっています。金額が高いため、十分検討して選ぶ必要があります。
指輪の失敗しない探し方としては、必ず店舗に直接行き、実物を試着することが大事です。最近は、ネットで手軽に購入することも可能ですが、画像と実物が違うことはよくあります。
また、店舗に行くときには、事前に来店予約をしておくのもポイントです。来店予約することでさまざまな特典がついていることがあるからです。

婚約指輪のブランド別おすすめランキング!気になる平均予算は?

婚約指輪は婚約と言う約束を形にした風習です。結婚の場合は、法律的に規定されていますし、役場などへの手続きも必要になってきます。
一方、婚約は法律上の契約などでなく、約束です。ですから、考え方によっては、結婚指輪より重い意味があるでしょう。
では、どんなタイミングで贈るのでしょうか。これも、様々ですね。プロポーズの際に贈るなどが標準的でしょうか。
婚約指輪の意味合いはわかりましたが、問題は金額です。
よく言われるのは、給料の平均の3カ月分です。しかし、これは、一種の言い伝えであり、どうしてもわからないとき、といった意味合いしかないでしょう。
今は、価値観が多様化していて、婚約指輪は必要ない、そのお金を二人の旅行などに充てたい、などの話も聞きます。
実態はどうでしょう。男女とも、約半数が30万円未満という統計があります。25歳の給料の平均額は20万円程度ですので、給料の3カ月分というのは当たっていないですね。
ブランドもほとんどこだわりがないようです。要は、二人の結婚や新生活に向けての区切りということなのでしょうか。