婚約指輪の素材とブランド

way to marriage

婚約指輪の重ね付けについて

婚約指輪の重ね付けについて 婚約指輪をせっかくもらったのに、婚約中の時だけつけて、後は箪笥にしまっているという方も多いです。
婚約中だけしかつけないなんて、もったいないと思っている女性も多いと言われています。
今は、婚約指輪と重ね付けできるデザインも流行っています。
婚約指輪と結婚指輪の両方を引き立たせることができます。
重ね付けは、ボリュームがでて、手元を華やかに演出することができます。
オシャレを楽しむことができる点でも良いといえるでしょう。
現在は、婚約指輪と結婚指輪のセットリングも多く出ています。
セットだと二つがきれいに組み合わさるように、あらかじめデザインされているので、違和感なく付けられます。
また、結婚式にお呼ばれした時には、セットの重ね付けのものを付けていくのが正式だといわれています。
オシャレを楽しむためにも、婚約中にしていた指輪をしまっておくものもったいないと考えている人は、セットで重ね付けのデザインを楽しむこともできるでしょう。

婚約指輪にアンティークを選んでみませんか。

女性なら誰もが一度はあこがれる婚約指輪。
そんな婚約指輪に、アンティークテイストなものを選んでみませんか。
アンティークとは、製造されてから100年以上経過している品物のことですが、最近では、アンティーク風に加工された指輪が人気を博しています。
高貴な雰囲気と女性らしい可憐さ・かわいらしさも兼ね備えており、個性的でありながらどんなファッションにもマッチしますので、他の人と差を付けたいとお考えなら是非アンティークな指輪をおすすめします。
リングのふちをミル打ち加工しているものなどもおすすめで、存在感がありながら繊細な印象を与えます。
その他にも透かし彫りされたデザインや、パールやダイアモンドなどの宝石を閉じ込めたデザインのものも素敵です。
カラーは淡いゴールドのものが多く、柔らかく女性らしい印象を与えくれます。
一生に一度しかない二人の大切な記念日を、お気に入りの婚約指輪で忘れられない素敵な日にしてみませんか。